【テニスの消耗品】練習がメインのテニスオフ 練習でテニスボールは何球必要か?

最近のテニスはパワーとスピードが一段と向上しています。

ラケットやガットの進化。

技術の進化。

以前はナイロンガットが主流でした。

今は、ポリエステルガットが主流です。

ナイロンと比べるとパワーが比べ物になりません。

断然ポリエステルガットのほうが有利です。

ポリエステルガットが出始めたころは、やたらと打球感が固く、肘を痛めるなど評判は悪かったです。

最近のポリエステルガットは、振動も少なく肘を痛めるようなことはありません。

ガットが張りあがった状態ではわからないのですが、ポリエステルガットは「針金」のような質感です。

ナイロンガットの場合のテンションより10ポンド程度下げて張る方が多いです。

ラケットを振った分だけボールによくパワーが伝わります。

[楽天市場]

ポリエステルガットの普及に伴って、ボールの消耗が激しくなってきました。

ナイロンガットが主流のころは、ボールの空気が徐々に抜けていく感じでした。

ポリエステルガットが主流の今は、ボールが切り刻まれてしみそうなヘタリ方をしています。

練習中にボールが割れたこともありました。

テニスの消耗品はなんといってもボールです。

コンディションのいいボールで練習したほうがいいのですが、一面で120球程度を更新するとなると、なかなかコストがかかります。

また、試合前の練習では、大会使用球と同じほうがいいです。

試合中に余計な心配しなくてすみます。

「練習がメインのテニスオフ」では、2か月に1度ボールを更新するようにしています。

やっぱりニューボールはテンション上がりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です