ラケットって早く引くの!?|テニスの基本6ストローク

Pocket

テニスのショットには、次の6種類があります。

①フォアハンドストローク

②バックハンドストローク

③フォアボレー

④バックボレー

⑤スマッシュ

⓺サーブ

どのショットにも共通しているのは、力を入れるタイミングです。

よくテニススクールなどでは、ラケットを早く引くというアドバイスを聞きます。

当たり前といえば、当たり前なのですが、いざボールが飛んでくると力が入ってしまって、ラケットを引くことを忘れてしまいます。

どうして引けないのか・・・。

要は考え方ひとつです。

「腕は肩から」ではなくて、「腕は肩甲骨から」と意識を変えるだけですぐに治ります。

「引くのではなく、体をターンする」だけで、いわゆるラケットを引いた状態が発生します。

また、そうすることで支点が肩ではなく体幹になるので、けがの防止にもつながります。

野球のピッチャーなんかも肩を支点に力任せに投げている選手は、たいてい肩を故障しています。

でも、プロですからね。けがから復活してきた時は、理にかなった合理的なフォームになってます。

そして、しっかり構えることができれば、自然と打点に向かって徐々に力が入っていくことで、きれいにボールを処理することができます。

この状態をリラックスともいいます。

力の正体は「F=Ma」です。

加速度を上手に連動させて、最後にボールを共振させてください。

少ない力で、威力のあるボールが打てますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です