パートナーのミスは自分のミス???lダブルス・ジュースサイド編

Pocket

ダブルスでは必ずあります。

パートナーのミス。

でもこれって、パートナーだけが原因でしょうか?

技術的なレベルに課題はあるにしても100%パートナーが原因というわけではありません。

自分の誤ったコースへの配球が原因でミスにつながることがよくあります。

ここでは、ダブルスにおけるジュースサイドでのストロークの配球を考えてみましょう。

相手が右利きであることを想定した例です。

まず、ダブルスは前衛がポイントを取ることが大原則です。

よって、後衛が狙うべきコースはセンターです。

なぜか?

センターはバックハンドであり強く打とうとすればするほど、引っ張るため前衛にボールが寄っていくことになり、ポイントしやすくなるからです。

また、前衛にポーチされないようにクロスに打つ場合は、流し打ちになるので、甘いボールになる確率が上がります。

この状況に前衛がフェイクをかけていけばプレッシャーをかけることができて、ポーチできる確率が上がります。

そして、相手がセンター狙いに気づき、フォアハンドに回り込んでくれば、絶対に前衛へのストレートアタックはないから、ポーチに飛び出してかまいません。
仮に前衛側に来てもさほどスピードはないので十分に対応することができ、いずれにしても前衛のチャンスボールとなります。

また、センターばかりを狙っていると相手も対応してくることもあるので、意識がセンターに集中してきたところで、次に空いてくるのはフォアハンド側のスペースです。

ただし、このフォアハンド側に配球する場合は、相手の体制を崩すくらいの厳しいショットである必要があります。

なぜか?

緩いショットでは、前衛アタックされたり、最悪の場合、ストレートを抜かれます。

厳しいショットで、ロブを上げさせるくらいがいいと思います。

基本センター狙い、時々サイドへ。

このパターンで流れをつくってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です